案外きれいな花でした

2014 5月 30日
by akihisa

5月29日の午前中は、義理の両親がしていた水稲のもみ用苗床づくりをはじめて手伝った。全部で3百数十枚分だったが、それなりのひと仕事であった。昨年までは2人だけでやっていたのかと思うと、おいしいお米をいただくだけだったことに対し、申し訳なく思った。

家に帰り、ふと外を見ると、スモークトゥリーが花を咲かせていた。数年前に、このブログに写真を載せたときは、この度のような赤味がなく、本当にスモーク(けむり)状の花だった。きっと時間が経過したら、けむり状になるのだろう。庭先の草木の日々のうつろいにも鈍感になってはいけないと反省した。為政者が「反知性主義」と「ヤンキー文化」で日本の道を誤らそうとしているときだけに。

追加。この時期にもみを蒔き、田植え用の苗になるまでに約3週間かかるそうだ。実際に田植えをするのは6月下旬で、「おそらく県南でも最も遅い田植えになるだろう」と義父が言っていた。今年はエルニーニョ現象が予想され、冷夏で稲に影響がないか心配だ。

One Response leave one →
  1. 脇本延子 permalink
    6月 5, 2014

    20年くらい前に、ドイツのハイデルベルク城に行ったとき「煙の木」だと言われたと思うけれど咲いていて、それから数年経ったとき日本でも園芸店に出るようになりました。3本植えました。大きくなっているんですがまだ花は咲きません。とてもきれいに咲いてらやましいです。

Leave a Reply

Note: You can use basic XHTML in your comments. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS

Current day month ye@r *