エネルギーの地産地消が地域経済の自立を保証する。フライアムト村のとりくみ

2014 6月 28日

フライとは自由という意味で中世の頃、領主に年貢を納めなくてもよい特権を与えられた村で、今でも自由な気質の旺盛な村です。今回訪れたのは、ラインボルト家です。牛100頭、豚350頭を飼育していましたが90年代末にヨーロッパを狂牛病が襲い、肉の値段が大暴落して経営が成り立たなくなり、牛と豚を売り、借金もして70万€の投資で340kwのバイオ発電事業に切り替えたのです。

飼料のサイロは今はバイオガスのタンクに変わりました。年10万€の売り上げがあり経営も安定したということです。15年くらいで回収できるということです。

牛に食べさせる飼料と同じものを入れれるので、畑にはこれまでと同じ飼料用コーンを栽培しているので、農地をそのまま利用できるのがうれしいということです。寒い地方なので食料用コーンの栽培はできないとか。また近所の酪農家から牛の糞尿も入れてガスを発生させます。

メタンガスをとった後は糞尿をもらった農家の畑と自分の畑に撒いて、これが本当の循環です。

給湯は学校の暖房、スポーツ施設、各家庭と給湯しています。

大手電気会社の電気を使うことは、アラブの石油王のところにお金が流れていきます。再生可能エネルギーで地域にお金が回るようにすることが、地域の自立を保証するという考えです。まさに日本でも当てはまることです。ドイツの自然エネルギー10倍のポテンシャルが日本にはあると言われています。早く脱原発を実現し100%自然エネルギーへの転換に政治を変えなくては感じました。

One Response leave one →
  1. yamakawa permalink
    9月 6, 2014

    同感です。

Leave a Reply

Note: You can use basic XHTML in your comments. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS

Current day month ye@r *