環境都市フライブルクの取り組み

2014 11月 15日
by wakimoto


フライブルクを訪れたのは2回目だが、そのたびに驚く徹底ぶり、空家率5%以下でないと新築は許されない、リホームには補助金が出るが、新築には何もない、旧市街地には車の乗り入れはできない、市会議員はボランテアである、議会の時だけ時給が支払われる、車より電車の方がはるかに便利だし安い。家の形にも制約がある。店で売るものにも決まりがある。郊外の大型店で日用品は売ってはいけない。きりがないほどきまりがあるが、市民は快適という自由を手にしていると思う。

No comments yet

Leave a Reply

Note: You can use basic XHTML in your comments. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS

Current day month ye@r *