温暖化?が身近なところに!!

2015 12月 3日

11月18日に京都の宇治にある源氏物語ミュージアムに行きました。京都の紅葉を期待して行ったのですが、まだ緑が多くそれはそれでいいのですが、雨も多く暖かいので朝晩の温度が下がらないのが原因だとは思います。またたくさんの花を育てているのですが、この数十年で初めてのことが起きましたのでその一部を報告します。日本水仙は1月咲きますがもう咲いてしまいました。ピンクのヒマラヤユキノシタは祖母から50年前にもらった花ですが、3月ごろ早くて2月ぐらいから咲くのですが11月から咲いてます。藪椿は日当たりの悪いところに植えてあるので、年を明けてから咲いていた記憶があります。白いクリスマスローズは名前の通りクリスマスの頃に咲くといわれますが、我が家のクリスマスローズは例年だと春に咲いてました。今年は11月から咲き始めました。青い外来種のスミレは毎年3月に咲きます。どの花も2~3か月早く咲いてしまいました。岡山は晴れの国がキャッチフレーズですが、幸い豪雨ではなかったのですが、この秋は1000年に一度というぐらいに雨が降りました。梅雨みたいでした。世界では大変な異常気象で被害が出てるようです。今、パリで開かれている、地球温暖化防止COP21は各国の思惑があり合意できるかどうか心配です。飛躍するようですが、この異常気象も資本主義の末路ではないかと思います。皆さんも身近な異変を教えてください。

No comments yet

Leave a Reply

Note: You can use basic XHTML in your comments. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS

Current day month ye@r *